ニュース

HOME  >>  ニュース  >>  介護機器モニター調査(実証試験)事業における協力について

介護機器モニター調査(実証試験)事業における協力について

厚生労働省が委託し、公益財団法人テクノエイド協会が実施している平成25年度介護機器モニター調査(実証試験)事業における協力施設として松寿園が決定しました。 厚生労働省では、日本の高度なロボット技術を活用し、介護分野における高齢者の自立と介護者の負担軽減を図るため、経済産業省と連携して介護ロボット等の開発・実用化を支援しています。また、昨年6月14日、政府が閣議決定した日本再興戦略においても、新たに「介護ロボット産業の活性化」が盛り込まれたところです。 こうした背景のもと、高齢者介護の現場において、開発メーカーと介護施設等と連携し、試作段階にある「介護ロボット等のモニター調査(実証試験)」を松寿園にて実施されることとなり、当該ゲストの方(6名)、ご家族様には説明をさせていただき、同意のもと介護施設等を対象にしたモニター調査(実証試験)にご協力頂くこととなりました。

 対象案件:NKワークス株式会社 3次元電子マット見守りシステム

 対象次期:平成26年2月~3月