ニュース

HOME  >>  ニュース  >>  マイナンバー制度について(お知らせ)

マイナンバー制度について(お知らせ)

社会福祉法人六高台福祉会(松寿園)の各種介護サービスをご利用のゲストの皆様へ(ご家族様へ)

 

 

平成27年10月より、個人番号通知(通知カード)が住所地に順次、簡易書留で郵送されます。

現在の所、介護サービスを提供するにあたり、ご利用ゲストの皆様の個人番号(マイナンバー)を法人が把握する必要はございません。よって、

①法人からゲスト・ご家族の皆様に対して、個人番号(マイナンバー)の照会をさせて頂くことはございません。

②特別養護老人ホーム松寿園に住所地がある為、個人番号通知(通知カード)が郵送された場合は、開封せずにご家族様にお渡しします。

 

その他、ご不明な点は、各種サービス生活相談員又は介護支援専門員までお問い合わせくださいますようお願いいたします。

 

(参考)

個人番号(マイナンバー)と呼ばれる12ケタの番号は、分散されている国民情報を1つの番号で照合できるようにするもので、「社会保障」「税」「災害対策」の3分野のみに利用されることとなっています。

マイナンバーの導入スケジュールにより、将来的に各種サービス(例:金融分野・医療分野等)への利用拡大が想定されています。介護サービス提供上、必要が生じることがありましたら、その際に改めて個人番号(マイナンバー)を照会させて頂くこととさせて頂きます。

*通知カード・・・紙製(個人番号、生年月日、性別、氏名、住所のみ記載)

*個人カード・・・写真付きのプラスチック製。市町村等にて切り替えが必要(任意。H28.1~)

 

(政府広報オンライン)http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/index.html