ニュース

HOME  >>  ニュース  >>  介護福祉機器の導入

介護福祉機器の導入

平成29年3月、6月に2種類の介護福祉機器を導入致しました。

 

HAL 介護支援用(腰タイプ

介護者が介護をする際に装着し、腰部への負荷を減らすことで、腰痛などのリスクが 軽減できます。

ニュース(HAL)

 

 移乗用リフト

吊り具を使用し、ベッドや車椅子への安全な移乗を助けます。ゲスト・スタッフ、双方の介護負担を軽減します。

ニュース(リフト①)

 

介護福祉機器の使用により、スタッフの腰痛緩和や介護事故の低減を図り、サービスの質の向上に努めていきたいと思います。